http://e-sagami.jp/nicchu/
相模原市日中交流協会・第44次訪中団(日程)
11月8日(金)
10:00 羽田発NH969
12:25 上海虹橋着
13:25 無錫へ(専用車)
15:30 南禅寺見学
17:00 ホテルチェックイン
    (日航酒店 5★)
18:00 無錫市対外友好協会歓迎宴(予定)

11月9日(土)
午前 無錫市民と日中交流会(専用車)
午後 無錫市内観光
15:00 寧波へ(専用車)
20:30 ホテルチェックイン
    (クタウンプラザシティーセンター寧波 5★)

11月10日(日)
終日 寧波観光

11月11日(月)
08:30 寧波から杭州へ(専用車)
11:00 杭州空港着
13:50 杭州空港発 NH930
17:45 成田空港着



****************************************

漢詩教室

日時:令和元年10月19日(土)
   午後3時〜4時30分
講師:桜美林大学名誉教授 植田渥雄先生
参加料:会員無料、一般300円(資料代等。当日お支払いください。)
申込み:10月1日〜10月15日
場所:桜美林大学プラネット淵野辺キャンパス(PFC)P202教室
電話:042-707-7045


********************

相模原市日中交流協会の主な事業内容
令和元年度 協会主催事業 


(1)交流事業

ア) 訪中団派遣「第44次訪中団」
実施時期 未定
※発遣時期については今後協議する

イ)無錫市訪日団受け入れ 
実施時期 随時

ウ)「中国語教室」
実施時期 未定
    
(2)普及事業
ア) 「中国料理を楽しむ会」
開催時期 9月予定


イ) 中国展と中国を知る講座
開催時期 10月 2月1日(土)

ウ)若葉祭りへの参加
開催時期 5月11日(土)、12日(日) (終了)

エ)さがみはら国際交流フェスティバル参加
開催時期 10月6日(日)

(3)広報事業
ア)会報の発行 
開催時期 7月、1月 
「ニーハオ」などの発行

イ)日中交流協会ホームページの運営事業
開催時期 通年

【他団体との交流事業】
 ・神奈川県日本中国友好協会との関連事業出席
 ・相模湖ダム建設殉職者合同追悼会出席・・・その他随時実施

*以上開催時期はすべて予定となっております。かつ活動について随時にお知らせ致します。

相模原と中国との友好交流の歩み
1957年(昭和32年)
この年の11月3日、中国政府農墾部長(日本の農林大臣に相当)王震氏(後の副総理、国家副主席)が来市。畑地灌漑施設やトラクター耕耘作業など相模原市の農業を視察。相模原市と中国の交流の始まりとなる。

1966年(昭和43年)
長野大学教授、菅沼正久氏が、第29回国慶節に招待を受け10月に訪中。以降、菅沼氏は
1970年周恩来総理、19721年、1973年華国鋒氏と会見。交流の先駆的役割を果たされる。

1972年(昭和47年)
9月29日、日中共同声明発出。日中国交回復。

1973年(昭和48年)
第一次相模原労働者訪中団(丹治栄三団長)が訪中。

1974年(昭和49年)
第二次相模原労働者訪中団(丹治栄三団長)が訪中。湘南産業人訪中団に斉藤正、菅沼順一郎両氏が参加、寥承志中日友好協会長と会見。

1975年(昭和50年)
日中友好相模原市民実行委員会が発足
この年、相模原市日中交流協会の前身ともいえ、日中友好相模原市民実行委員会が当時の相模原市長河津勝氏を会長として結成される。

1977年(昭和52年)
初めて中国を訪問  舘盛市長を団長とする第1次相模原市各界代表友好訪中団が初めて中国を訪問し、北京でメーデー祝宴に招待されたほか、孫平化中日友好協会秘書長と会談する。

1980年(昭和55年)
相模原市日中交流協会が発足

1981年(昭和56年)
無錫市との交流の始まり

1985年(昭和60年)
無錫市と友好都市を締結




09/22 漢詩教室ー漢詩から見る「令和」への思い
08/12 第44次訪中団無錫・寧波の旅
08/10 中国料理を楽しむ会
06/15 無錫市研修生との懇談会・歓迎レセプションの開催のお知らせ
04/12 第40回定例総会&懇親会の開催について
一覧を見る
09/22 漢詩教室ー漢詩から見る「令和」への思い
06/02 令和元・2年度役員を選出しました
06/02 会員 大募集!!
01/05 facebook開設しました
一覧を見る
相模原市日中交流協会(団体)
市役所シティセールス・親善交流課内
TEL. 042-707-7045
FAX. 042-815-2340
会社の詳しい概要をみる
Thank you for your access. counter