問題の解答方法がよく分かる過去問解説で特級技能検定にエクスプレス合格 
オフィス浅野(代表:浅野哲 特級技能士)   
 
 
http://e-sagami.jp/ginou/
   

★浅野式受験勉強法

・まず過去問を解き、自分のレベルの把握。

・時間が勿体ないので、サブノートを作らない。

 
・参考書の関係:
   参考書は相性の良いもので最新のものを購入し、色々書き込む。

 
・スランプの過ごし方:
   スランプの時に勉強はしない(仕事で休憩時間があるのと同じ)。
   いずれ猛烈に勉強する意欲が湧いて来る。
   試験会場の下見をする。

・スキマ時間の活用:
   用語集などの暗記物でチョイ勉をする。

・必要以上に過去問集を集め、数多くの問題を解き、成績が悪い事を悲観しない。
   重要なのは、問題を「鳥の目」で観察し「大づかみ」することである!

・試験の1週間前から、受験勉強は控えめにして、体調管理に気を付ける。

★浅野式受験法:
  著者(浅野哲)は会社勤め以降、国家試験を幾つも受験しました。
  体験的に編み出した受験法とフェイズ理論を融合しました。

「技能検定のツボ」に、4頁にわたり紹介します。
浅野式受験法で「試験慣れ」した状態で 本試験を受験して下さい。

技能検定の特級は、学科と実技の試験時間が長いので、「頭の瞬発力」ではなく、「頭のスタミナ」が必要です。
別な言い方をすると、「省エネ解答して合格点をクリアする」です。
⇒午前2時間、午後3時間の長丁場を乗り切る、ペース配分を含めた作戦が必要!
 

★資格試験の試験時間
     @特級 技能検定(26職種)は、午前2時間、午後3時間、合計5時間。
     A1級 土木施工管理技士の学科試験は、午前2.5時間、午後2時間
       合計4.5時間。
     B2級 土木施工管理技士は、学科試験を午前に2時間10分、実技試験を
       午後に2時間 合計4時間10分。
     C労働安全コンサルタント・衛生コンサルタントの学科試験は、
       午前2時間、午後3.5時間、合計5.5時間。